〜栄子の花日記〜…ときどき音楽♪

栄子先生へのメールはこちら


このページは下から上へ順番に日付が新しいものになっています。

昭義のひとりごと
栄子先生の本」のページを新設しました2023.12.3NEW!!
佐藤勝重オフィシャルサイト 2020.4.20
根津理恵子の演奏2017.1.24
門下生の活躍
2024.23.29

門下生の演奏 2024.2.15
生徒さんへの連絡のページ2024.5.23 NEW!!
栄子スケジュール2024.3.12
ピティナコミュニティー市川フレンドステーション
ちば・市川バスティン研究会2024.5.5NEW!!
セミナーアンケート2024.3.22NEW!!
ピアノ講師ラボ

プレこどものスケール・アルペジオ 楽譜ご購入はこちらまで2023.11.19
NEWこどものスケール・アルペジオ 楽譜ご購入はこちらまで
チェルニー30番〜小さな30の物語 楽譜ご購入はこちらまで

NEWこどものスケール・アルペジオセミナーご依頼は音楽之友社様まで。楽譜ご購入
チェルニー30番〜小さな30の物語セミナーご依頼は東音企画様まで。楽譜ご購入
チェルニーー30番根津理恵子演奏CDのお求めはこちらまで。特典としてDVDゆっくりバージョンがついています。
生徒変身させる24のキーワードセミナーご依頼は音楽之友社様まで
バスティンベーシックスシリーズセミナーご依頼は東音企画様まで
バスティン名曲集セミナー ご依頼は東音企画様まで

コンサートサロン・レゾナンスの軌跡2022.12.18





昨年11月に発売された根津栄子新刊
すでに重版となっています!

セミナーで全国の先生方にお会いできるのが楽しみです!
どうぞよろしくお願い致します。

ピティナ指導者ライセンス初級、中級、上級を受ける先生方のレッスンは毎週水、木曜日午前中に実施しております。こちらまでお気軽にお問い合わせ下さい
 

近々開催予定のセミナーはこちら 2024 .3月更新

 

♪お知らせ☆
「NEWこどものスケール:アルペジオ」(音楽之友社)購入根津栄子著
 使い方の説明はこちら

「プレこどものスケール・アルペジオ」(音楽之友社)購入)根津栄子著

新刊チェルニー30番〜30の小さな物語上下巻(東音企画)購入根津栄子著

 CDのお求めはこちらへ
演奏は根津理恵子→ 特典ゆっくりバージョン(世界初)のDVD付き

☆『市川バスティン研究会2021.7.26NEW

まだ五線も読めない小さな子どもたちに、リズム譜だけで、全調弾かせていくことや、子どもの目線で楽しく遊びながら、実は、感性、読譜力、表現力をつけていく驚くべきメソード、それがバスティンメソードです。全国にたくさんバスティン研究会がありますが市川にも2010 年に誕生!!
ピティナ読み物関連
みー子さんのピアノ・アレ・コレ第1回、ピアノでお友だちに負けたくない!!このキモチどうしたらいい??

☆ピティナ第30回レッスン室拝見コーナー

ピアニストが育つ3つの視点

☆門下生の活躍2020.11.19更新New

生徒を伸ばすピアノレッスン
子どもたちの心を開花させる魔法
☆バスティン巻頭インタビュー
☆ピアノで拡げる子どもの可能性

☆チェルニーー30番根津理恵子演奏CDのお求めはこちらまで。特典としてDVDゆっくりバージョンがついています。
☆根津栄子インタビュー記事チェルニー30番に込めた願い

☆指導者ライセンス初級、中級、上級を受ける先生方のレッスンは毎週、水曜、木曜午前中に実施しております。こちらまでお気軽にお問い合わせ下さい

☆『根津栄子ピアノ教室』紹介ページはこちらまで

外部招聘講師

 ☆松田光子先生知育ソルフェージュとは? 松田光子先生

 ☆ソルフェージュ指導上級〜音楽高校音楽大学受験:大場陽子先生

根津栄子『NEWこどものスケール・アルペジオ』セミナーeラーニングダイジェスト映像

根津理恵子 根津栄子セミナーアンケートのページ2023.6.16NEW

 

NEWこどものスケール・アルペジオ 楽譜ご購入はこちらまで
チェルニー30番〜小さな30の物語 楽譜ご購入はこちらまで
プレこどものスケール・アルペジオ 楽譜ご購入はこちらまで

栄子先生の本」のページを新設しました2023.12.3NEW!!

 


2024.5.27生徒連絡ページを更新しました

2024.5.25

昨日神戸の石井なをみ先生から嬉しいLINEが来ました。

先生の阪神バス研でのテーマ『導入期読譜のさせ方』でプレこどものスケール・アルペジオの紹介をして下さったそうです。

幼い2歳児から指導可能であるプレこどものスケール・アルペジオが日本全国に拡がっていることが実感できとても嬉しいです!


2024.5.23その2

5月20日発売のムジカノーヴァ6月号に短調バージョンの6面体サイコロが綴じ込み付録としても紹介されています。
ダウンロードして厚紙に印刷すれば6面体サイコロを作ることも出来ます。ぜひご覧ください!!

そして、ムジカノーヴァに2年間連載してきた7つのキーワードで『ブルクミュラー25の練習曲集』が無理なく上達!!があと2回で終了します。

お読みくださった皆様、ありがとうございました!


2024.5.23その1 生徒連絡ページ緊急連絡あり

ピアノ講師ラボ5月号と6月号。

2013年、私がこどものスケール・アルペジオの楽譜を出版した時期、ピアノ講師ラボ主宰の藤拓弘先生が自宅にいらして指導法の収録がありました。

その丁度10年後プレこどものスケール・アルペジオが出版となり、指導法の幅がぐんと広がったことで、再び藤先生がいらして下さいました。


お話したい内容が多く一回では収まらず前半(5月号)と後半(6月号)の2回の収録となりました。
指導の歴史(笑)を思い出しながら語っています。
モットーは『入口易しく出口別人』
子供たちが夢中になるカスタネットやスーパーボールなどを使って遊び感覚で歌を歌うことなどをご紹介(→入口易しく)。
そして自身の指導教本『チェルニー小さな30の物語』は難易度順に『こどものスケール・アルペジオ』は指遣いごとに並び替えていることで子供たちは抵抗なく難しい事が出来る様になります。これで勉強した後さまざまな課題を弾けるように育って行きます(→出口別人)。
そしてレッスンで子供たちの心をとらえる言葉がけ、効率よく上達するお役立ちグッズの他、2023年秋発売『プレこどものスケール・アルペジオ』の具体的指導法をご紹介しています。
レッスンの参考になる事が少しでもありましたら幸いです。 5月号と同じように今回も指導法を振り返る貴重な時間となり、藤拓弘先生には感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました!

詳細はこちらをご覧ください!


2024.5.20

市川フレンドステーションが運営する江戸川東ステップが19日開催されました。

69名参加(欠席者無し)

アドバイザーには永井礼子先生(北海道)中谷彩花先生(兵庫県)根津栄子(千葉県)、以上3名の先生方をお迎え致しました。
スタッフの先生方は朝早くから集合し、各部署の仕事をLINEでの連携プレーで見事にこなしてくださり、今回も感動の一日となりました。

ステップにご参加の皆様、アドバイザーの先生方、関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

今年は私もアドバイザーに入り、第3部以降は ほとんどがコンペ参加者で、できる限りのアドバイスを書かせていただきました。
舞台講評もあり継続表彰は25名もの方が該当されました!参加の皆様、継続表彰された皆様、おめでとうございます!!

継続写真撮影は昭義先生(今回初めて)です!!


市川フレンドステーションの先生方は打ち合わせから当日まで渾身の運営をしてくださり、感謝で一杯です。

伊藤楽器船橋店&北習志野店店長国谷さんは朝から片付けまでお手伝いにきてくださり、皆感激しました!!
お忙しい中ありがとうございました。




これで5月初めからずっと走り続けたハードスケジュールも一段落(汗)

講師ラボのご紹介、ムジカノーヴァ連載原稿(7月号)は締切ギリギリなってしまいましたが頑張ります。


実は講師ラボ5月号を聴いてくださった全国の先生方からレッスングッズの購入希望がどんどん入って来て驚いています。
ついに『24のキーワードカード』の在庫が無くなってしまいました。

早くバス研の先生方と作らなくては。。。嬉しい悲鳴です!!


2024.5.17

栄子スケジュールを更新しました。(7月〜12月セミナー&ステップアドバイザー、7月6日(土)レッスン見学


2024.5.15生徒連絡ページを更新しました

2024.5.14生徒連絡ページを更新しました

5月12日(日)

勉強会を開催しました。
プレこどものスケール・アルペジオからポーランドスケールまでの教室オリジナル9グレード表に沿ったスケール。
そして今勉強中のバッハや曲(ピティナA2級からE級までコンクールのリハーサルも兼ねて)を演奏しました。

スケールでは12面体のサイコロを振って出た調号のスケールを弾きます。
日頃の基礎練習の質や量が音に出るので実力が一目瞭然!!緊張感一杯です。

演奏した本人の気付きのために、こうした勉強会を重ねて早40年以上!!今回112回目となりました。

今回は生徒たちには『良いところと改善点』をそれぞれに書いてもらいました。
厳しい指摘や励ましなど興味深い(面白い)ものがたくさんあり、次のレッスンで生徒たちに渡すのが楽しみです。



自宅でもコンスタントに基礎練習を重ねて大曲に繋がる実力を備えて行って欲しいものです。

でもスケールの楽譜を作っている身にとってはもう少しレベルが上がって欲しいな。。。。


2024.5.12

2月末、講師ラボ主宰の藤拓弘先生が対談収録のために我が家にいらして下さいました。

お話したい内容が多くあり一回では収まらず前半(5月号)と後半(6月号)の2回の収録となりました。

後半の内容は実際にレッスンで使っているオリジナルグッズとおススメ導入教材のご紹介。

そして2020年からムジカノーヴァに連載中の『生徒を変身させる24のキーワード』を使った指導法を具体的に解説しています。

その日からレッスンに活かせる内容が満載ですので多くの先生方にお聴きいただけましたら幸いです。

 

このように自分自身の指導法を振り返る貴重な時間をいただき、藤拓弘先生には心より感謝の気持ちで一杯です。 

ありがとうございました!

詳細はこちらです


2024.5.5

バス研ページを更新しました


2024.5.2生徒連絡ページを更新しました

2024.5.1

早いものでもう5月。。。イヴェントが続きます。体調を崩さないよう気をつけないと。


2024.4.30

スガナミ楽器多摩店でプレこどものスケール・アルペジオセミナーでした。

小雨の降る肌寒いお天気にも関わらず熱心な先生が大勢いらしてくださり、プレの魅力をたくさん紹介してさせて頂きました。

次は今月末、富山にお邪魔します。楽しみです。


2024.4.21

ピティナ指導者セミナーが東音ホールであり、指導者育成委員のためお手伝いに行く予定でしたが、急遽都合が悪くなり欠席させていただきました。

夕方からは今月30日(火) にスガナミ楽器多摩店でプレこどものスケール・アルペジオのセミナーがあるのでその資料作りをしています。
セミナーにいらしてくださる先生方がより理解し易いようにたくさんのアイディアを盛り込んでいます。

お近くでご都合が付かれる先生方はお運びいたけましたら幸いです!


2024.18

ショパン5月号にプレこどものスケール・アルペジオが紹介されました。

先月3月14日(木)伊藤楽器船橋店で開催されたセミナーのレポートをライターの森 曠一朗様が写真付きで書いて下さいました。

楽器店や書店でお求め またはご覧いただけましたら幸いです。 P.42です!

どうぞよろしくお願い致します。



2024.17
藤 拓弘先生講師ラボ

4月13日にも紹介させていただいた藤 拓弘(とう たくひろ)先生との講師ラボの記事が更新されました。

対談のやりとりの一部も音声でお聴きいただけます。

私の現在のレッスンの様子が分かりますので、指導者だけでなくご家族も参考にしていただける内容です。
ご興味がありましたらご覧いただけましたら幸いです!

こちらです!! どうぞよろしくお願い致します。


2024.16

プレこどものスケール・アルペジオセミナー開催

横浜でプレこどものスケール・アルペジオのセミナーでした。

朝早く自宅を出て余裕のつもりが途中で京浜東北線が事故で25分の遅延となり、ヒヤヒヤしましたがセミナー開始5分前に会場に到着!!
いつもは45分前には準備するのにほとんど心の準備もできない状態での開始。。。

今回はほとんどがオンラインと伺っていまっしたが会場には熱心な先生方が笑顔で待っていてくださり、有り難かったです!
今まで一度だけ静岡掛川市でのセミナーでギリギリに到着したことがありましたが、いつも余裕を持って早めに到着することを心がけようと思います。

お聞きくださった先生方、セミナーを企画開催していただいた山響楽器横浜店様ありがとうございました。写真が届いたらアップします。


2024.4.14 生徒連絡ページを更新しました

2024.13

2月26日に講師ラボ主宰の藤拓弘先生が収録のために我が家にいらして下さいました。

藤先生との出会いは10年前で、同じ様に講師ラボの対談でした。
その時はインタビューを受けそれに誠心誠意お応えしたのですが、緊張のせいか内容もぼんやり思い出せる程度で、楽しかった印象はほとんどありませんでした。

ところが今回は藤先生の柔らかな表情と絶妙なタイミングでくる質問の波に乗って(乗せられて?笑)自分の思い、レッスンの内容などを楽しくお話することが出来ました。
   ※質問の波とは読者の皆様が聞いてみたいと思う確信をついたものです。

私は本格的に指導を始めてから40年以上になりますが、その中での反省や指導のノウハウが漸く定着してきました。
今回の対談ではその内容を多くご紹介しており、中でもムジカノーヴァで連載中の『24のキーワード』を使った指導例は参考にしていただけることが満載です。

多くの先生方やご家族にもお聴きいただきたい内容です。

 

収録は1回分の予定でしたが2回分ということになり、結局5〜6時間にまで及びましたが、大変楽しかったです!

今回の収録では自分のレッスンを振り返る貴重な時間をいただき、藤拓弘先生には心より感謝の気持ちで一杯です。

ありがとうございました!


2024.4.9

7日(日)は雨くもり予報でしたが午後から青空が広がってきたので義母と真間川沿いの桜並木を観てきました。

現在母の外出はほとんど病院の行き来なので、とても嬉しそうでした。まさに満開!


2024.4.9

3日は久保山菜摘さんの結婚式二次会に参加してきました。
新郎はドイツとルーマニアの混血リヴュウさん。とても優しそうな方でした。
お母様の千可子先生からたくさんの写真を送っていただきました。その一部をご紹介します。

今後はルーマニアと日本を行ったり来たりするそうです。なっちゃんお幸せに!!



2024.4.2

生徒活躍ページを更新しました(入試関連)


2024.4.1

生徒連絡ページを更新しました。


2024.3.30

生徒連絡ページ(レッスン記録)を更新しました。


2024.3.29

生徒活躍ページを更新しました(コンクール関連)

バス研ページを更新しました(コンクール関連記事)


2024.3.28

生徒連絡ページ(レッスン記録)を更新しました。


2024.3.27

春休み特別企画コンサートは大勢のお客様にご来場いただき、そして年度末というお忙しい時期にも関わらず2回公演どちらも満席。
お陰様で無事終了することが出来ました。

二人の気持ちが、ピッタリ揃って拍手喝采でしたね!気持ちよさそうに演奏する姿がとても素敵でした。

動物の謝肉祭では生徒さんやご家族が素敵な絵を沢山描いてくださり、その絵の素晴らしさと共に聴いてくださった皆様に大好評でした。
第1部Y田文香ちゃん、第2部K畑桃香ちゃんのナレーションも二人とも堂々として素晴らしかったです!

実は22日にセミナーがあり残務処理などに追われて受付や写真係のお願いが前日になってしまったのですが、それにも関わらず、すぐにご快諾をいただけたご家族の皆様にも感謝の気持ちで一杯です。






こうして皆で楽しみに作り上げてきたコンサートも終わってしまいましたが、またこれからも夢いっぱいの企画を続けていきたいと思います。

ご来場くださった皆様!ありがとうございました。

ご感想はこちらまで どうぞよろしくお願い致します。


2024.3.25

松田知育メソッドの先生方に向けてプレこどものスケール・アルペジオセミナー

アンケート(ご感想)のページを更新しました。


2024.3.24

写真は後ほど。。。

ソロと連弾で春休み特別企画コンサートをレゾナンスで開催しました。

演奏は教室卒業生の畠野葵先生と根津理恵子さん!一緒に教室の発表会や勉強会で頑張ってきた同級生です。

第1部、第2部と2部制にしましたが2回公演とも満席となり、幼児から大人まで大勢の方々に楽しんでいただくことが出来ました。

中でもサン・サーンス動物の謝肉祭では生徒さんたちが描いてくれた動物の絵をスクリーンに映しながら、聴けるというワクワクするような企画。

レゾナンス始まって以来の初の試みでした。そして教室の生徒さん(第1部は小4Y田文香さん、第2部は小5K畑文香さん)が見事にナレーションをしてくれました

ご感想をいただいた順にアップさせていただきます。

 


2024.3.22

20日は第42回千葉コンクール【本選会】の審査に伺いました。中高生はハイレヴェルな演奏で素晴らしかったです。

そして本日は松田知育メソッドの先生方に向けてプレこどものスケール・アルペジオセミナーを行いました。

アンケート(ご感想)のページを更新しました。


2024.3.17

生徒連絡ページ(レッスン記録)を更新しました。


2024.3.15 生徒連絡ページを更新しました

3月14日(木)は地元伊藤楽器でプレこどものスケール・アルペジオのセミナーでした。

皆さん熱心にメモをとり質問も沢山出て、ご参加の先生方と意欲的なやりとりが出来ました。
この楽譜の魅力を存分にお伝えすることができ、とても嬉しいです。

仲良しの先生方も数名いらしてくださり皆さんと楽譜に沿って歌ったり早口言葉を実践したり、和気藹々とした雰囲気での2時間!

最後のグッズの紹介にあまり時間をかけられなかったのが悔やまれますが、

大人気のグッズは、やはりスケールの練習に欠かせないパールのネックレスでした。



最後に残っていらした先生方と記念撮影!セミナー後すぐに帰られた先生も数名いらっしゃり残念!!

今回はVIMEO撮影Kami企画様も集合写真に入ってくださいました。

ご参加の皆様、お呼び下さった伊藤楽器様、そして音楽之友社新藤様、ショパン誌記者の森様お忙しい中ご来場いただき感謝申し上げます 。

この日のセミナーアンケートページを更新しましたのでご覧ください。

次回プレこどものスケール・アルペジオセミナーは松田光子先生知育教室主宰22日(金)コンサートサロン・レゾナンスでの開催となります。
今後のセミナー予定は以下の通りです。

春から夏にかけて楽器店様以外のピティナステーションや支部からもご依頼が続いています。

ありがとうございます。

 

2024年7月1日(月)『プレ・こどものスケール・アルペジオ』(音楽之友社) 
     10:30〜12:30 久喜ステーション

2024年6月8日(土)西宮南ステーションアドバイスレッスンNEW 

2024年5月31日(金)『プレ・こどものスケール・アルペジオ』(音楽之友社) 
     10:30〜12:30 MPC 楽器センター富山NEW 

2024年4月30日(火)『プレ・こどものスケール・アルペジオ』(音楽之友社) 
     10:30〜12:30 スガナミ楽器多摩店

2024年4月16日(火)『プレ・こどものスケール・アルペジオ』(音楽之友社) 
     10:30〜12:30 山響楽器中山店


2024.3.12

栄子スケジュールを更新しました。(5月セミナー)


2024.3.9

アップするのを忘れており今頃。。。

2月22日(木)はプレこどものスケール・アルペジオセミナー2回目は、宮地楽器立飛店にお呼びいただきました。

冷たい雨模様でしたが多くの先生方が熱心に聞いてくださり、有り難かったです。

私がまだ指導者になりたてで、千葉県我孫子市に住んでいた頃の生徒T中美緒ちゃん(当時小学3年?)が参加してくれて、約40年ぶりの再会となりました。

現在はご結婚されお母さんになり宮地楽器講師として勤務しているそうです!!


そして。。。大好きな松田映子先生が最前列かぶりつきで聞いてくださり、ドキドキでしたがとても幸せな時間でした。
皆さんが書いてくださったアンケート(感想)から元気をいただきました。プレを作って本当によかった!!




3回目のプレセミナーは3月14日(木曜日)伊藤楽器船橋店様です!!
地元なのでますます楽しみです!!お近くの先生方、親御様お待ちしております!


2024.3.8

バス研ページを更新しました第120回ちば・市川バスティン研究会は山本美芽先生に『はじめてのピアチャレ』セミナーをお願いしました。


2024.3.3

バス研ページを更新しました(コンクール関連記事)


2024.3.1生徒連絡ページを更新しました

2024.2.28

生徒連絡ページ(レッスン記録)を更新しました。


2024.2.21

ピティナコンペティション課題曲、今年も魅力的な曲がたくさんあり、誰にどれを弾かせ〜ようか。。。と考えるだけでワクワクします。

あんまり慌て課題を決めてしまうと後で後悔することも多々あるのでじっくり選曲します。

 

とにかく明日はプレこどものスケール・アルペジオのセミナーが立川であるので今日は早く休んで明日のために充電します!!(笑)


2024.2.19生徒連絡ページを更新しました

2024.2.15

門下生演奏のページを更新しました(バッハコンクール全国大会)


2024.2.14

バス研ページを更新しました(コンクール関連記事)


2024.2.13

生徒活躍ページを更新しました(コンクール関連)


2024.2.12

生徒活躍ページを更新しました(コンクール関連)

バス研ページを更新しました(コンクール関連記事)


2024.2.9

本日船橋伊藤楽器様で第119回ちば・市川バスティン研究会を開催しました。

『レッスンで生徒にやる気を起こさせる方法と手段』と題し

前半は根津栄子の工夫として、一年を通して勉強会のタイミングコンクールへの挑戦、リハーサル、教材の使い方など。

後半は出席の先生方からそれぞれお教室での興味深い取り組みなど具体的に発表してくださり。お一人約5分でしたが大変勉強になる有意義な時間となりました。

レポート詳細は後日バス研ページにアップします。どうぞお楽しみに!

バレンタインデーも近いので会からは昭義先生にまで素敵なチョコレートをいただいてしまい感激です。
来月は音楽ライター山本美芽先生のセミナーです。こちらも楽しみです!


2024.2.7

栄子スケジュールを更新しました。(ステップアドバイザー)


2024.2.5

栄子先生の本」ドレミファソのうたの動画をアップしました。


2024.2.5

2.1

栄子スケジュールを更新しました。(4/16山響楽器中山店を追加しました。)


2024.2.4その2

バス研ページを更新しました(コンクール関連)


2024.2.4その1

生徒活躍ページを更新しました(コンクール関連)


2024.2.3

プレこどものスケール・アルペジオのご感想を追加しました。


2024.2.2

ヤマハミュージック横浜店にてプレこどものスケール・アルペジオ(音友)の初セミナーでした。

底冷えで手が悴んでしまう様な寒い中、たくさんの先生方にご参加いただきました。

プレは歌うことから始める教材なので、歌ったり体を動かしたり皆さんと楽しく実践!!

積極的に応えてくださる先生方が多くてお陰様で第一回目が無事終了出来ほっとしています。

皆さんの笑顔や様子からこの楽譜を作って本当によかった!!と感じました。
ご参加の先生方、お世話になった横浜店様有難うございました。

 
楽譜制作でお世話になった美芽先生、大場 陽子先生にも感謝で一杯です。
これからもプレのセミナーが続きます。

次は立川へ伺います。



2024.2.1

栄子スケジュールを更新しました。


2024.1.29 生徒連絡ページを更新しました

第24回発表会を開催しました。

リハーサルから本番終了までの写真をアップします。

お忙しい中ご来場いただきました皆様、出演者、、ご家族、関係者の皆様に感謝の気持ちで一杯です。

緊張感で一杯でも一生懸命笑顔でお辞儀し、今出来る最高の演奏をしてくれた生徒たち。
たとえ失敗したとしても暖かく見守ってくださるご家族の存在があるので、さらに頑張ろう!と思えますね。
みんな仲良くお弁当を食べたり、おしゃべりもたくさんして本当にたくさんの交流もできた発表会!

今回受験と重なり参加人数が少なかったのですが、今までと同じかそれ以上の充実感がありました。

寒い中、カイロ持参で必死に頑張った生徒たち、そして日々支えてくださったご家族に心から拍手を送ります。





2024.1.27生徒連絡ページを更新しました

2024.1.25

先日の勉強会でステージデビューした小学1年生の生徒さんが、その後のレッスンで大変身を遂げていました!!

レッスンで伝えるより、他の生徒さんの演奏を間近で視聴することで何倍もの内容が習得できる!ということですね。

勉強会効果の嬉しい出来事でした。


2024.1.22生徒連絡ページを更新しました発表会関連緊急連絡です!

2024.1.21

バス研ページを更新しました


2024.1.17

ピティナホームページトップページに12月16日(日)レッスン見学の様子が紹介されています。
こちらからダイジェストで見られます。

今回は教室の3名の生徒さんがモデル生徒として参加 してくれました。

生徒さんはレッスンに集中してくれたので私も録画されていることを忘れるくらい普段通りに楽しく終えることができました。

ピティナサイトから登録するとeラーニングでレッスンを全て見ることも出来ます。

12月17日の記事もご覧ください。

出演の生徒さん、お疲れ様でした。全国から見学にいらした10名の先生方に心より感謝いたします。


2024.1.15

バス研ページを更新しました(コンクール関連記事)

栄子スケジュールを更新しました。(セミナー、ステップアドバイザー)

12月16日(日)開催のピティナレッスン見学に参加してくださった先生方から嬉しいアンケートが届きました!

ぜひこちらからご覧下さい。


2024.1.14

ショパン国際コンクールinアジア小学1〜2年部門アジア大会審査でした。

昭和音大 ラ・サーラ・スカラにて渾身の演奏100名(2名欠席)を聴かせていただきました。
ご一緒させていただいた先生方お疲れ様でした。

スタッフの皆様ありがとうございました!

聴いたのは小学1〜2年生部門でしたが、アジア大会ともなると6歳から7歳ですでに完成された演奏が多く、驚きと共に大変感動致しました。

今年は楽譜の出版やムジカノーヴァの連載があり、コンクール参加は生徒さんの希望にお任せで積極的に奨めていなかったため、来年度からはピティナコンペティション、ショパンコンクール初め各種コンクールにもどんどん参加してほしいと思っています!

やはり井の中の蛙では成長出来ないですからね!!


2024.1.6生徒連絡ページを更新しました発表会関連緊急連絡です!

2024.1.5

バス研ページを更新しました(コンクール関連記事)


2024.1.5生徒連絡ページを更新しました発表会関連緊急連絡です!

2024.1.4生徒連絡ページを更新しました発表会関連緊急連絡です!

新年おめでとうございます。

昨年末12月26日に開催したバッハコンクールが終了しそのご報告もたくさんありますが、
その後12月30日から体調を崩し年賀状も手付かずのまま。。実は毎年年賀状は31日に書いています。

今月末28日開催の発表会プログラムもやっと原稿ができたところです。今生徒さんたちに確認中。。。

体調も少しずつ戻ってきたので、ようやく発表会に向けてレッスンに集中します。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


12.28

バス研ページを更新しました(コンクール関連記事)


12.19

生徒活躍ページを更新しました(コンクール関連)



12.24生徒連絡ページを更新しました発表会関連緊急連絡です!

12.21生徒連絡ページを更新しました緊急連絡です!

12.20

生徒活躍ページを更新しました(コンサート関連)


12.19

生徒活躍ページを更新しました(コンクール関連)

26日に予定しているバッハコンクール船橋地区予選に向け、11名の先生方がレゾナンスにいらして
当日の流れ確認とそれまでの準備作業で約2時間、スタッフの先生方と打ち合わせをしました。

もう何度も主催していますがミスは許されないため一つ一つ念には念を入れて準備します。
今日は想定外に会議中にレゾナンスが停電したので、薄暗くて寒くて慌てましたが敏腕スタッフの皆様のおかげで、しっかり準備完了

当日、ご参加の皆様が気持ちよくステージに上がれて、審査員の先生方も審査に集中できるよう心配りしたいと思います。

このところ行事が目白押しですが、バッハコンクールが今年最後のイヴェントなので、なんとか頑張ります!!


12.17

生徒活躍ページを更新しました(コンクール関連)

コンサート・サロン・レゾナンスでピティナレッスン見学でした!6年生と4年生の二人には、ソロの前に調号が書いてある12面体のサイコロを振って出た調のスケールを弾いてもらいました。スリル満点でドキドキ

その後怜花ちゃん(小6)バッハシンフォニア6番、ショパンエチュード25-2、幻想即興曲
文香ちゃん(小4)バッハフランス組曲6番とハイドンソナタHob.XVI-23第一楽章
大士くん(年中)はバスティンレヴェル2より『ハノンロボット』自分で考えたというリズム変奏の工夫が面白かったです。ブルクミュラーよりアラベスク、子供の集会。

先生方に分かりやすく見ていただける様にスクリーンに上からとペダルの画像を投影しました。
北海道や福島からもご参加いただき、レッスン後のデスカッションも楽しくて予定時間をはるかに超えてしまいました!
ピティナの池田愛美様お世話になりありがとうございました




12.15生徒連絡ページを更新しました

12.11

バス研ページを更新しました(コンクール関連記事)

生徒活躍ページを更新しました


12.3その2

バス研ページを更新しました(コンクール関連)


12.3その1

栄子先生の本」のページを新設しました New!


11.30

プレこどものスケール・アルペジオ楽譜についての嬉しいご感想をいただきましたのでご紹介します。

 

中身がすごいですね!

細部まで工夫がされていて、これを作った先生の情熱が伝わって来ます。

一番嬉しいのは「5ほんゆびスケール」です。

白丸と黒丸になっているので、わかりやすく、ポジション確認のため右上にも白丸と黒丸があります。
誰でも弾けそうですね!

そしてカデンツが幼児用で全調左右あるので早くからカデンツを全調楽しく覚えられますね!

先生は天才プラス物凄い努力家だと思いました。
たくさん悩んで作られたと思います。

スケールアルペジオの嫌いな小学校低学年にも対応できますね。

早速生徒さんに買ってもらってレッスンで使いたいと思います。

ありがとうございました。                 ピアノ指導者S.H


11.29

プレこどものスケール・アルペジオについて

知育教育のプロフェッショナル松田光子先生から推薦文をいただきました。

 幼児さんへ必ず持たせたい一冊

 5ほんゆびスケールの全調の本ですが、1冊の半分がまだ指が整っていない子へのアプローチとなっていて2〜3才からでも使用できると思いました。

 横開きの本を開くと、そこは導入本らしからぬモノトーンの世界。カラフルな挿絵がないところに感心します。

 音符だけが目に入り、動きのある白丸(全音符)だけが目に飛び込んできます。

 音を読ませるのでもなく、弾かせるのでもない。先生の歌を全調復唱させることで音列も音感も自然と楽しみながらついていくと感じます。


  早速試すと早口言葉や呪文のように口を動かし楽しそうに歌ってくれました。
  保護者様ともぜひ歌って楽しんでほしいです。

 また譜読みを習得するのにも使っています。

   3才の子たちには、『ドの音探そう見つけよう!色塗ろう!音符を線で結んで音の階段も楽しもう!』シンプルだからこそワークにもなっています。

 

 さて、肝心のスケールとアルペジオのページです。

  さらに驚いたのは、調号のあるきちんとした譜面ではあるものの、譜がうまく読めない小さな子でも、
  自分でポジションを見つけ勝手に弾いてくれる仕組みと工夫が施されています。
  「先生、ひとりで弾けたよ!」のうれしい声が聞こえてきそうです。

  フォームを整える指の体操やQRコードで模範演奏も視聴でき、指導者にも使いやすいお薦めの1冊です。
 

  導入時期の根津先生の指導法がギュッと詰まったすばらしい教材をありがとうございました。        松田光子

 

                              

 松田光子先生プロフィール
  千葉県在住。ピアノ指導歴35年。
  自らの子育て(東大と慶應医卒)と幼児教室講師の経験を活かし、
   幼児のピアノに知育を取り込み、松田知育ピアノメソッドとして指導者へ展開中。
  根津栄子先生の教室にて知育ピアノを担当、生徒さんがよく見てよく聞く子になり、
   自分で考えて堂々と表現できるように取り組んでいる。
  レッスングッズ松田ポンポンを考案。こども知育ピアノ協会代表。


11.28その2

音楽之友社新藤友美様、音楽ライター山本美芽先生、作曲家大場陽子先生、生徒さん、皆様に大変お世話になりこの楽譜が完成致しました。

音楽之友社様のページで『プレこどものスケール・アルペジオ』の使い方動画をアップしました。

こちらからご覧ください。


盛りだくさんの内容の一つ『調の歌』や『ドレミファソの歌』は私が指導を始めた当初からの指導法で、約40年の歴史があります 。
これまでに巣立った生徒さんたちも(自分の子供も含め)、この歌から育てたので感慨深いものがあります。

これを全調で歌うことにより、隠れている才能が芽を出し始め、子供たちの潜在能力を引き出してくれます。
(→数ヶ月後には和音聴き取り能力向上が確認できます。)
小さな子供たちが健気に何気なく歌っている姿の可愛いこと!!



こうした私の長年の思いと考え方に賛同し楽譜にしてくださった音楽之友社様初め、関係者の皆様には感謝で一杯です。
さらにこの楽譜の推薦文を知育教育のプロフェッショナル松田光子先生にお願いしましたので、後日このページでも ご紹介致します。

プレこどものスケール・アルペジオは Amazonで楽譜ご購入の場合はこちらまでどうぞよろしくお願い致します。


11.28その1
生徒活躍ページを更新しました(バッハコンクール追記)

11.27

感動のレッスン!!

先日プレこどものスケール・アルペジオが発売となり、セミナーのご依頼も徐々にいただき、感謝でいっぱいです。
内容についてのご感想も嬉しく拝見しています。

今朝は天気もよくて 今丁度 秋バラの季節なので庭仕事も楽しくてあっという間に2時間ほどが過ぎてしまいます。
柚子も満開!

今はレッスンのほとんどが土日に集中しています。
昨日も朝から終日レッスンがあり、その中で嬉しい出来事がありました。

約2年前からレッスンを始めた男の子。

あまり手応えがなく、進歩も緩やか、、、そんな中、来月はコンクールにも挑戦するので気が気ではありません。。

ところが昨日別人のように的確な反応をしたのでここにご紹介致します!

目を見張るような反応をした生徒さんに驚いた私は『そうそう!!〜それそれ!!!すご〜い!!』の連発!

現在小学2年生。昨年1年生の時には礼佳先生の楽典上下とも2冊全部自分で考えて、丸つけもしてきました。
著者の礼佳先生にすぐメールで報告したら『1年生って中1ではないですよね?』と返信をいただきました笑。

昨日のレッスンではピアノで表現することと楽典の知識が急に繋がったのかもしれません。
演奏も別人でした!

礼佳先生にも感謝!!こんなに嬉しいことがあるので指導も頑張れます。

昨日はこのほかにコンクールの報告もありドキドキハラハラ!
悲喜交々ですが、挑戦したり、継続することの大切さを感じてほしいと、常日頃思っています。

果敢に挑戦する生徒さんたちに心から拍手を送ります。




11.26
生徒活躍ページを更新しました

11.25

プレこどものスケール・アルペジオ(音楽之友社)は発売1週間ですが、お陰様で、すでにamazonで手に入りにくくなっている様です。

沢山の方々にご購入いただきありがとうございます!!


11.23

バス研ページを更新しました


11.23

新刊『プレこどものスケール・アルペジオ』が今月19日に発売になりました。


11.17

11月に入ってすぐ卒業生ジョイントコンサート、ブルクミュラーコンクール審査、バス研(根津理恵子ショパンセミナー)、ステップアドバイザー、ショパンコンクール審査。。

と緊張感いっぱい(笑)の行事が続き、そんな中、新刊『プレこどものスケール・アルペジオ』の最終稿チェック、新刊紹介動画撮影など目まぐるしい日々を送っています。
少し体調を崩してしまいましたがようやく復活。

レッスンも毎日遅くまであり、ゆっくりブログを書いている余裕が全くなかったです(涙)

今日 音楽之友社様から新刊の見本が届く予定なので、朝からどきどき。。。。生まれてくる子供を楽しみに待つような。。

来年からはプレこどものスケール・アルペジオのセミナーのご依頼も多くいただいています。
全国の子どもたちや指導者の皆様に使っていただけましたら嬉しいです。

今日は冷たい雨が降っていて庭の手入れができないので、
今から(8:00AM)毎月のお楽しみムジカノーヴァ『ブルクミュラー25の練習曲集の原稿書き』を頑張ります。
午後からゆっくり新刊を見られるようにお昼頃までには仕上げよう!!

 

プレこどものスケール・アルペジオ 楽譜ご注文こちらまで


11.13生徒連絡ページを更新しました

バス研ページを更新しました.(根津理恵子ショパンセミナー)


11.9
生徒活躍ページを更新しました

11.6生徒連絡ページを更新しました

11.4

第3回卒業生ジョイントコンサートを江戸川区東部フレンドホールにて開催しました。

午前中のリハではピアノの状態を掴みきれず時間切れだったのですが、
シーンと静まり返るホール 物音ひとつしない静けさの中、いざ本番、、、

生徒たちはそれぞれに大きなプレッシャーを感じながらも集中した演奏を会場一杯に披露してくれました。


数時間前のリハから一変してひとつひとつ大切に吟味しながら音作りしている姿には大きな成長を感じ、また数年後の演奏を楽しみに待ちたいと思います。

そして特筆すべきは今回同じく教室卒業生のT原舞さん(東京藝術大学楽理科)が卒論で大変な中、わかりやすくて濃い内容のプログラムノートを書いてくれたことです!

卒業しても皆仲良し!!スタッフを快くお引き受け下さるお母様方の連携プレー。素晴らしい仲間の輪がまた広がった嬉しい1日でした。

さて明日は現実に戻りコンクール審査頑張ってきます!!

まずは撮っていただいた写真からアップします。







11.2

卒業生ジョイントコンサートを明後日に控え幹事さんを中心に6名のお母様方と打ち合わせをしました。
2時間を予定していましたが、準備の話し合いと荷作りが整い約1時間で会議は終了。

このお母様方が笑顔で支えてくださるので、あとは出演の卒業生がベストコンディションで演奏出来、
お客様が楽しんでいただけると嬉しいです!
と き:11月4日(土)
ところ:東部フレンドホール(都営新宿線瑞江駅徒歩1分)
東部フレンドホールはこれまでたくさんのイヴェントを企画してきた思い出のホールです。

明後日、ご都合がよろしければぜひお聴きいただけましたら幸いです!



11.1生徒連絡ページを更新しました

プレこどものスケール・アルペジオの予約注文がこちらからできるようになりました。
どうぞよろしくお願い致します。


10.30

根津栄子新刊プレこどものスケール・アルペジオは今月発売となります。

まだ発売前ですが、既にセミナーのご依頼も数件いただいております。有難うございます!


10.30

栄子スケジュールを更新しました。セミナー情報


10.28

バス研ページを更新しました.コンクール情報 


10.27生徒連絡ページを更新しました(卒業生ジョイントコンサートの件)

10.25

プレ・こどものスケール・アルペジオの原稿が来月末に発売に向けて、いよいよ大詰めになってきました。
最終校正の段階で、思わぬ発見があるので隅々まで集中して日々原稿と睨めっこです!

導入の子供たちが楽しく譜読みでき、確実にテクニックをつけて行ける充実の内容!!
横長で可愛い楽譜になります。早く手に取って見てみたいです!

来月4日は卒業生ジョイントコンサートも控えているためその準備も着々と進めています。
こちらは敏腕の卒業生お母様方&現役生徒さんのお母様方にお手伝いいただけるので大変心強いです。

高校生から社会人1年生まで卒業生がどんなふうに演奏してくれるのか楽しみです!

当日配布のプログラムノートはやはり教室卒業生のT原 舞さん(東京藝術大学音楽学部楽理科4年)が書いてくれます!こちらもすごく楽しみ。まいちゃん有難う!お申し込みはこちらまでお願い申し上げます。



そして明日26日は山本美芽先生の新刊『ひとりですいすいひける! はじめてのピアチャレ 』が発売になります!

ご購入はこちらから。


10.24その2 生徒連絡ページを更新しました

10.24その1

22日はショパンランドコンクール東京後期の審査でした。

このコンクールはショパンをはじめとしたポーランドの作曲家による作品を課題曲としており、
幼児部門からゴヴィリ、リビツキ、ガルシチャなどの作曲家の作品が並びます。

冒頭の幼児から高校一般部門までハイレヴェルな演奏も多く、審査を忘れ聴き入ってしまうことも(汗)

特に幼児部門では まだ生まれて数年しか経っていないにもかかわらず、リズムの感じ方や歌わせ方など
子供とは思えないほどの感性で演奏しているのには、驚愕!!でした。


今年で2回目となるこのコンクールですが、ほんのわずかの生徒にしか声掛けしてこなかったので来年からはもっと多くの生徒(ショパンを敬遠している生徒たち)にも参加してもらいたいと思いました。

審査をご一緒させて頂いた三木香代先生と粥川 愛先生 そして主催事務局の東音企画様には大変お世話になりました。


10.22生徒連絡ページを更新しました
生徒活躍ページを更新しました

10.20その2 生徒連絡ページを更新しました。

10.20その1

第116回バス研ページを更新しました 山本美芽先生のセミナーです。


10.17生徒連絡ページを更新しました
生徒活躍ページを更新しました

10.17

バス研ページを更新しました バッハコンクール対策


10.15

第110回勉強会をコンサートサロン・レゾナンスで開催しました。

間近に本番を控えた生徒もそうでない生徒も現在練習中の曲と、調号の書いてある12面体サイコロを振って、出た調性のスケール・カデンツ・アルペジオを弾きました。

レッスンでは小学中学年(4年生頃)からほとんどスケールを確認しませんが、それぞれに自宅で練習を重ねている成果が出ており、安定した演奏を聴かせてくれました。

緊張とスリル満載のこの企画ですが、今後も生徒たちの成長を確認し見守りたいと思います。

今回から、どの席からも手元と足元がよく見えるように、昭義先生がカメラを配置してくれました。

来月のちば・市川バスティン研究会はレゾナンスでショパンセミナーがあるのでこのカメラアングルで撮って貰えそうです 。


10.12生徒連絡ページを更新しました

10.10生徒連絡ページを更新しました
生徒活躍ページを更新しました

10.5

生徒活躍ページを更新しました


9.19

栄子スケジュールページを更新しました。


9.17
生徒活躍ページを更新しました

9.12
生徒連絡ページ(レッスン記録)を更新しました。

門下生演奏のページを更新しました


9.11

バス研ページを更新しました


9.10生徒連絡ページを更新しました

第115回ちば・市川バスティン研究会は台風のためオンラインで行いました。

バッハコンクール課題曲を先生方と指導法研究し、コンクールに備えました。

また市川フレンドステーションでは12月26日(火)船橋勤労市民センターにてバッハコンクール予選を主催開催致します。

すでに申し込みを頂いております。

参加ご希望の皆様はどうぞお早めにお申し込みいただきたく、よろしくお願い致します。


9.9

6日(水)コンサートサロン・レゾナンスにて

チェルニー30番下巻(東音企画編)のセミナー&公開レッスンが無事終わりました。

主催は音楽ライターの山本美芽先生の研究会です。

2022年2月に第回目を、2回目はちょうど1年前の9月6日開催。
今回で3回目となり、受講されたの研究会の先生方の演奏が前回と大きく変化していたのには大変驚きました。
弾くことが楽しくて仕方ない様子の先生方!少しのアドバイスで見事に改善して行くのです。

日々目標を持って真剣に練習していらっしゃるからこそですね。
お一人の持ち時間は15分でしたが、反応が素晴らしく、ビフォーアフターが凄まじかったです!!

終了後は近くのフランス料理店でランチ会!まるで家族の様な温かい雰囲気の中、美味しくて楽しく終了致しました。
またすぐにでも続きをやりたい!!と思える素敵な先生方との集いでした。

美芽先生、ご参加の先生方、ありがとうございました!

 

まとめとして最後に。。。

この可愛らしい楽譜チェルニー30番〜小さな30の物語は東音企画の社長さんである福田成康氏により2013年に発売されました。
挿絵は安倍万里子さん(作曲家 安倍美穂先生のお嬢様)。

楽譜内のアナリーゼや巻末の『さらに理解を深めるために』のコーナーは作曲家の大場陽子先生が担当、そして企画編集は菅野恵理子さんが担当してくださいました。

こんなに多くの素晴らしい方々に携わっていただいている楽譜です!
全国の先生方や子供さんたちに多く使っていただきたく、今後も普及活動に勤しみたいと思っています。

皆様どうぞよろしくお願い致します。



9.1生徒連絡ページを更新しました。

8.28

週末はブルクミュラーコンクール出場者への公開レッスンで、福島県いわき市へ行ってきました。

のどかな美しい緑に囲まれた会場でした。
1ヶ月後に本番を控えている小3から大人の方まで12名が受講され、1人20分の制限時間にできる限りのアドバイスをさせていただきました。

生徒さんは緊張しながらも嬉しそうな表情で、とても可愛かったです。

会場のアリオス大リハーサル室には参加者の先生や親御さんなど関係者が大勢聴講され、このコンクールに対する情熱が伝わってきました。

主催してくださった青柳仁美先生はじめ、スタッフの先生方には大変お世話になり心より感謝申し上げます。

皆さま、それぞれにコンクールで実力が発揮できますように!!


8.24

午後から音楽之友社の新藤さん、音楽ライターの山本美芽先生と新刊の打ち合わせをしました。

『こどものスケール・アルペジオ』のセミナーに伺うと、ご参加の先生方に必ず質問されるのが
『この楽譜の前段階の幼児用はありますか?』でした。

。。。!!

いよいよこの秋11月に『プレ・こどものスケール・アルペジオ』が刊行となります

小さな子供たちが夢中になりそうなアイディアをたくさん盛り込みましたので楽しみにしていて下さい!!

☆美芽先生はこの日の午前中にレッスンにいらっしゃり、私の分まで美味しいお弁当を買ってきてくださって、ご一緒にランチしました!

美芽先生のお宅から我が家までは2時間以上かかります。ですからご自宅を8時には出ていらしたことになります。美芽先生ありがとうございます!!

その後音楽之友社の新藤さんが加わり、約3時間新刊の打ち合わせをいたしました。

打ち合わせが終わったのは17時少し前!!

美芽先生、新藤様お疲れ様でした。

『プレ・こどものスケール・アルペジオ』今から完成の日が待ち遠しいです!

どうぞよろしくお願い致します。


8.22

バス研ページを更新しました ←ピティナコンペティションの結果をアップしました!ご覧ください!


8.21
生徒活躍ページを更新しました

8.15

ピティナコンペティションもいよいよ決勝大会を残すのみとなりました。
ファイナルに進んだバス研の先生方の生徒さんと一緒にレゾナンスでリハーサル(第109回勉強会)をしました。
台風で雨が心配でしたが、今日は開演から終演まで青空が出てよいお天気に!!

カメラ4台にマイクもたくさんあって不安と期待で緊張気味の生徒さんたち!!
本番まであと少し。。。今日の経験を活かし決勝大会のステージを楽しんで欲しいです。



8.7

コンクール指導の合間を縫って、胃の内視鏡検査で青山まで行ってきました。
その後は義母の歯医者さんへ。。。杖をついてゆっくりゆっくりですがとても嬉しそうにしている母を見るとやはり嬉しいです。

明日も朝からコンクールレッスン!あと少し生徒と共に頑張ります〜


この夏さにもめげず、生徒も皆それぞれの目標に向かって前進中!


8.6
生徒活躍ページを更新しました

8.5

バス研ページを更新しました


8.3
生徒活躍ページを更新しました

バス研ページを更新しました


8.1生徒連絡ページを更新しました。

7.23

第108回勉強会をコンサートサロン・レゾナンスで開催しました。
年中さんから中学生までの10名が参加しました。

『一回のステージを経験すること』『お互いの演奏を聴くこと』は大きな刺激と成長に繋がります。

ステージに出た瞬間から姿が見えなくなるまでが演奏!など音出し以外のステージマナーの話もしました。
お辞儀も演奏と同じように大切です。


一人一人目標に向かって今日の経験を活かし前進して行きましょう!



7.17生徒連絡ページを更新しました。

7.16

バス研ページ 『ブルクミュラーコンクールについて』レポートを更新しました


7.15生徒連絡ページを更新しました。

7.13

大阪府門真市でセミナーをさせて頂きました。内容はムジカノーヴァに連載中『7つのキーワードで紐解くブルクミュラー25』

お忙しい中、神戸から駆けつけてくださった仕舘 洋子先生、熱心な先生方がお集まりくださり皆様アンケートに嬉しいご感想を書いてくださり、ありがとうございました。  

病み上がりでしたが皆様の笑顔に支えていただき、無事終えることが出来ました!



お呼び下さった大東楽器の皆様に感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました!!


7.11
生徒連絡ページ(レッスン記録)を2本更新しました。

7.10生徒連絡ページを更新しました。

7.4生徒連絡ページを更新しました。

2001年9月分10月分11月分12月分
2002年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2003年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2004年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2005年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分
2006年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2007年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2008年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2009年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2010年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2011年1〜6月分7〜12月分
2012年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2013年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2014年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2015年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2016年1〜3月分
4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2017年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2018年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2019年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2020年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2021年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2022年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2023年1〜3月分4〜6月分はこちらです。


メールはこちら