〜栄子の花日記〜…ときどき音楽♪

栄子先生へのメールはこちらへ。


このページは下から上へ順番に日付が新しいものになっています。

昭義のひとりごと
佐藤勝重のオフィシャルサイト2018.10.10

理恵子のオフィシャルサイト
門下生の活躍
2018.10.14


門下生の演奏2017.4.3
根津理恵子の演奏2017.1.24

生徒さんへの連絡のページ2018.11.15 new!!
栄子スケジュール 2018.10.2
ピティナコミュニティー市川フレンドステーション2018.7.19

ちば・市川バスティン研究会2018.11.11
new!!
ピアノ講師ラボ
根津栄子

こどものスケール・アルペジオセミナーご依頼は音楽之友社様まで。
チェルニー30番〜小さな30の物語セミナーご依頼は東音企画様まで。
チェルニーー30番根津理恵子演奏CDのお求めはこちらまで。特典としてDVDゆっくりバージョンがついています。
バスティンベーシックスシリーズセミナーご依頼は東音企画様まで。
バスティン名曲集セミナー ご依頼は東音企画様まで。
計画を立てる事の重要性!『絶対に外せない日々の訓練とは』ご依頼は東音企画様まで。
バスティン オールインワンセミナー ご依頼は東音企画様まで。



お申込はこちら

ピティナ指導者ライセンス初級、中級、上級を受ける先生方のレッスンは毎週水、木曜日午前中に実施しております。こちらまでお気軽にお問い合わせ下さい

 

近々開催予定のセミナーはこちら 2016.12.14更新

♪お知らせ☆
「こどものスケール:アルペジオ」(音楽之友社)(購入)根津栄子著
 使い方の説明はこちら

新刊チェルニー30番〜30の小さな物語上下巻(東音企画)(購入)根津栄子著 
 CDのお求めはこちら
演奏は根津理恵子→ 特典ゆっくりバージョン(世界初)のDVD付き

☆『市川バスティン研究会2018.6.12

まだ五線も読めない小さな子どもたちに、リズム譜だけで、全調弾かせていくことや、子どもの目線で楽しく遊びながら、実は、感性、読譜力、表現力をつけていく驚くべきメソード、それがバスティンメソードです。全国にたくさんバスティン研究会がありますが市川にも2010 年に誕生!!
ピティナ読み物関連
みー子さんのピアノ・アレ・コレ第1回、ピアノでお友だちに負けたくない!!このキモチどうしたらいい??

☆ピティナ第30回レッスン室拝見コーナー

ピアニストが育つ3つの視点
門下生の活躍2018 8.18更新New!
生徒を伸ばすピアノレッスン
子どもたちの心を開花させる魔法
☆バスティン巻頭インタビュー
ピアノで拡げる子どもの可能性

☆チェルニーー30番根津理恵子演奏CDのお求めはこちらまで。特典としてDVDゆっくりバージョンがついています。
☆根津栄子インタビュー記事チェルニー30番に込めた願い

☆指導者ライセンス初級、中級、上級を受ける先生方のレッスンは毎週、水曜、木曜午前中に実施しております。こちらまでお気軽にお問い合わせ下さい


11.16

来月12月26日(月)バッハコンクール江戸川地区予選を主催します。今月11/26が締め切りです。ご参加を予定していらっしゃる皆様にお知らせ致します。
大きなホールで演奏してみませんか。
小さな幼児部門から大学生、一般部門までどなたでも参加出来、成績優秀者には来年行われる全国大会に出場権が与えられます。
沢山の皆様の江戸川地区へのエントリーをお待ちしております。


11.15生徒連絡ページを更新しました。

11.11

ちば・市川バスティン研究会ページを更新しました。


11.5

3日は『ピティナレッスン見学』という企画で沢山の先生方が私のレッスン室にいらして下さいました。
小学3年生のY那ちゃん、小学5年生のR稔ちゃんのピアノレッスンを45分ずつと、グループソルフェージュ30分を見学していただきました。北は北海道から、南は九州まで9名(1名欠席)の熱心な先生方でレゾナンスは始まる前から熱気に包まれました。

生徒達は先生方を前に少々緊張気味でしたが一生懸命頑張ってくれました!
レッスン内容は以下の通り

☆Y那ちゃん(小3)
バッハフランス組曲第5番よりアルマンド、ショパンマズルカ作品67−2、ショパンワルツ作品64−2

☆R稔ちゃん(小5)
バッハインヴェンション第7番、チェルニー40番より

☆ソルフェージュグループレッスン(年中:1名、小学1年:5名、)


生徒達は様々な感想を持ったようですが、『ドキドキしたけどすごく楽しかった!!』と とても嬉しそうで、思い出に残る貴重な経験が出来たようです。
ソルフェージュでの歌も恥ずかしがらず 伸びやかに歌ってくれたので安心しました。

レッスン後の先生方とのディスカッションでは沢山のご質問やご意見を戴き、今回も先生方と掛け替えのない時間を共有することが出来ました。
私自身も大変勉強になり、このような機会を与えて下さったピティナ様に感謝の気持ちで一杯です。

レッスン見学に向けて、良い環境と最高の状態のピアノで開催したかったので、調律はいつもの『すご腕』佐々木さんにお願いし、私の細かな注文を全て受け入れて下さり完璧にして頂きました。

会場の程よい残響と共にとろけるような音色がレゾナンスに拡がりました!!

先生方の書いて下さったアンケートには生徒の集中力、音色の美しさ、豊かな向上心、礼儀正しさ等、数々のありがたいご感想を戴くことが出来ほっとしています。
この日に向けて生徒さんのご家族には温かなご協力を戴きましたこと心より感謝申し上げます。


11.4

ちば・市川バスティン研究会ページを更新しました。


10.31生徒連絡ページを更新しました。

10.29生徒連絡ページを更新しました。

10.20 生徒連絡ページを更新しました。

10.15

ちば・市川バスティン研究会ページを更新しました。


10.14

門下生活躍ページを更新しました


10.13 生徒連絡ページを更新しました。

10.10

コンサートサロン・レゾナンス軌跡のページを新設しました。どうぞご覧下さい。


10.9

由香ちゃんおめでとうございます!!

第20回門下生発表会でも卒業生としてオーボエを演奏してくれた元門下生の浅原由香さん(東京藝術大学大学院2年生)が、第12回国際オーボエコンクール・東京に於て1位なしの2位を受賞しました。

由香ちゃんは小学校1年生から東京藝術大学附属高校受験まで当教室でピアノとソルフェージュを学んでいました。
藝高受験直前はラヴェルのソナチネ全楽章を美しい音色で演奏してくれたことが蘇ってきました(^^)
副科でラヴェルのソナチネを弾けるというのは驚異的なことですね!!


10.8

第79回勉強会をコンサートサロン・レゾナンスで行いました。
第1部小学1年生から小学4年生、第2部は小学5年生から大学生まで16名が演奏をしました。
第1部では調号が書いてある12面体をころがして出た調のスケールアルペジオを弾いてからエチュード、バッハ、曲という順で演奏します。
そして演奏だけではなく自分の演奏に対しての感想(反省)、お友達の演奏については『よかった点と改善点』等のコメントを書いてもらいました。
生徒達は緊張して普段のレッスンではみられないミスを連発していましたが、お互いの演奏を聴き合うことで大変刺激を受けたようです。


10.7生徒連絡ページを更新しました。

友加里ちゃんおめでとうございます!!

昨日元門下生の有海友加里さん(東京藝術大学大学院1年生)のコンサートが開催されましたので、ご報告させて頂きます。


友加里ちゃんは八潮の音楽PR大使に任命されたそうです。おめでとうございます!!


10.6

栄子スケジュールを更新しました。


10.5 生徒連絡ページを更新しました。

10.3

庭にパステルカラーミニチューリップを40球植えました。来年春かわいいお花が咲いてくるのが楽しみです!!

昭義先生のブログに基本練習の大切さに関して書いていますのでご興味がございましたらご覧下さい。


10.2

栄子スケジュールを更新しました。

@指導者ライセンス
先週は指導者ライセンス演奏実技試験を受ける先生方のためのレッスンが連続で3名ありました。先生方はやはり目標があると気合いの入り方が半端なく、皆さん真剣勝負です。今回私は当日の審査には入っていませんが現場に出て指導者になった時に慌てず余裕で対処出来るためにも審査の時は敢えて厳しめの点数やアドバイスを書くようにしています。

A孫弟子アドバイスレッスン
そして翌日には孫弟子のレッスンも沢山あったのですが、その可愛らしいこと!!最初は緊張していてほとんどお話しもしてくれないのですが時間が経つにつれ少しずつ変化がありうまくなりたい!!という意思がしっかり現れてくるのです。
お母様方も腰が低く熱心な方ばかり。
この子たちを本気でうまくしてあげたいな〜と心から思いました。楽しみです!!

Bレギュラー生徒のレッスン
心と心が通じた瞬間に生まれる感動→このことについては後日改めて書きます。


10.2 生徒連絡ページを更新しました。

9.30 生徒連絡ページを更新しました。

9.26

教室卒業生の有海友加里さん(東京藝術大学大学院1年)が以下のコンサートに出演します。
ソロとピアノトリオを聴かせて下さるそうです。素敵ですね!!

チケットご希望の方はこちらまでご連絡をお待ちしております。

    


9.25 嬉しいお知らせを頂きました

音楽之友社様から『こどものスケール・アルペジオ』第12刷重版決定のお知らせを頂きました。
2013年に発売以来、全国の熱心に学ぶ生徒さんや先生方に使って頂き心より感謝致します。


9.23 

よいお天気と爽やかな潮風の吹く九十九里浜でバーベキューパーティーでした!バス研副代表S屋比呂美先生の別宅です。
ご主人様が炭で火をおこし次から次と採れたてほやほやのサザエ、帆立、海老、お野菜などの食材を焼いて下さり、あまりに美味しくて昭義先生も私もつい食べすぎてしまいました(^^)

 

最高の味わいでお腹いっぱい!かわいい猫ちゃんもいて幸せな1日でした。 たまちゃんはすこちゃんと違い、全然逃げないので抱っこも出来ます(^^)


9.22

来月のムジカノーヴァ10月号にハイドンソナタHob.XVI-37第1楽章 練習方法の例を、アルベルティバスやコンパス弾きに絞ってほんの少しですが書かせていただきました!
お知り合いの先生方の記事も満載。

表紙が秋らしく素敵です(^^)


9.19

ちば・市川バスティン研究会ページを更新しました。

15日、16日と両親のお墓がある三重県鳥羽市へ行ってきました。

お参りの後は鳥羽水族館へ。ジュゴンを始めセイウチの可愛い芸を観たり、タコの吸盤やエイに触れたりと珍しい体験に孫達も大喜び!
翌日は二見浦の夫婦岩、松阪牛、赤福本店、五十鈴川、伊勢神宮参拝と強行軍でしたが、久々に皆で賑やかに過ごし思い出深い旅となりました。

両親二人から家族が増え、両親からみると ひ孫が10名となった今その様子をみて両親も天国で大喜びしていると思います!!

鳥羽に到着 鳥羽水族館 セイウチ
二見浦夫婦岩 赤福本店で、出来立ての赤福 伊勢神宮参拝

9.17

ちば・市川バスティン研究会ページを更新しました。


9.12生徒連絡ページを更新しました。

9.8

残暑厳しい中、京成バラ園から二人の達人にいらしていただき、8時間かけて薔薇の剪定をお願いしました。プロフェッショナルのお仕事とは言え完璧な仕上がりに大満足です!!

その薔薇の根元に昭義先生と沢山の油かす(肥料)をまき、そしてもう終わりかけているペチュニアを取り、新しくビオラの種を蒔きました。機械や車にしか興味の無い昭義先生は早々に家に戻ってしまいましたが(-。-;)

薔薇やビオラの花が満開になる日が待ち遠しいです。

11月3日(土祝)はピティナレッスン見学で全国から(北は北海道から南は九州まで)熱心な先生方がいらっしゃるので、その時には咲いていると嬉しいのですが。。。
生徒達は皆、次のコンクールや勉強会に向けて驚くほど頑張っています!

明日はバス研の先生の生徒さん(孫弟子でもあります)のアドバイスレッスン後ソルフェージュグループレッスンが3時間、その後夕方までレッスン。
またまたハードな一日となりそうです。


9.6

コンクールの指導はもちろんですが、やはりバッハやエチュード、スケールなどのレッスンをすることに、より生き甲斐を感じます。


昨日は小学生の生徒さんが嬉しそうにチェルニー30番を弾いてきました。その生徒さんは1年前初めてのレッスンでバスティンベーシックスシリーズレベル2を弾いていましたが、週1のレッスンでしっかりと課題をクリアしていくので無駄なく上達しています。
他にもスケールアルペジオ、指の独立練習、バランス練習、バスティン名曲集から4期の数曲、バッハコンクールの課題曲、ソルフェージュ(歌)などのメニューで60分レッスンがあっという間です。

私の教材で育った生徒達、そしてそれで練習中の生徒達も、みな弾くことが楽しくて仕方ないようです。それは確実に上達しているのを実感出来るからでしょう。
(ちなみにこどものスケール・アルペジオ(音楽之友社)は第11刷、チェルニー30番(東音企画)は8000部刷りとのご報告を受けています。日本中で沢山の学生さんや先生方に使って頂きありがとうございます)

これからは頑張る生徒とのレッスンの様子などを徐々にご紹介していこうと思います。お楽しみに!


2001年9月分10月分11月分12月分
2002年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2003年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2004年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2005年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分
2006年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2007年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2008年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2009年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2010年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2011年1〜6月分7〜12月分
2012年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2013年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2014年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2015年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2016年1〜3月分
4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2017年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2018年1〜3月分4〜6月分7〜9月分はこちらです。

メールはこちら