〜栄子の花日記〜…ときどき音楽♪

栄子先生へのメールはこちら


このページは下から上へ順番に日付が新しいものになっています。

昭義のひとりごと
佐藤勝重オフィシャルサイト 2020.4.20
門下生の活躍
2022.1.10new!!


門下生の演奏2017.4.3
根津理恵子の演奏2017.1.24

生徒さんへの連絡のページ2022.1.24new!!
栄子スケジュール 2021.10.28new!!
ピティナコミュニティー市川フレンドステーション2021.4.1
ちば・市川バスティン研究会2021.12.16new!!
ピアノ講師ラボ

NEWこどものスケール・アルペジオセミナーご依頼は音楽之友社様まで。
チェルニー30番〜小さな30の物語セミナーご依頼は東音企画様まで。
チェルニーー30番根津理恵子演奏CDのお求めはこちらまで。特典としてDVDゆっくりバージョンがついています。
生徒変身させる24のキーワードセミナーご依頼は音楽之友社様までnew!!
バスティンベーシックスシリーズセミナーご依頼は東音企画様まで
バスティン名曲集セミナー ご依頼は東音企画様まで

コンサートサロン・レゾナンスの軌跡2021.1.3



カーソルを載せてみて下さい

来月2月号は『初めと終わりのお辞儀に込める思いとは』について執筆いたしました!


ピティナ指導者ライセンス初級、中級、上級を受ける先生方のレッスンは毎週水、木曜日午前中に実施しております。kーこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい

 

近々開催予定のセミナーはこちら 2019 .4.10 更新

♪お知らせ☆
「NEWこどものスケール:アルペジオ」(音楽之友社)(購入)根津栄子著
 使い方の説明はこちら

新刊チェルニー30番〜30の小さな物語上下巻(東音企画)(購入)根津栄子著 
 CDのお求めはこちら
演奏は根津理恵子→ 特典ゆっくりバージョン(世界初)のDVD付き

☆『市川バスティン研究会2021.7.26NEW

まだ五線も読めない小さな子どもたちに、リズム譜だけで、全調弾かせていくことや、子どもの目線で楽しく遊びながら、実は、感性、読譜力、表現力をつけていく驚くべきメソード、それがバスティンメソードです。全国にたくさんバスティン研究会がありますが市川にも2010 年に誕生!!
ピティナ読み物関連
みー子さんのピアノ・アレ・コレ第1回、ピアノでお友だちに負けたくない!!このキモチどうしたらいい??

☆ピティナ第30回レッスン室拝見コーナー

ピアニストが育つ3つの視点

☆門下生の活躍2020.11.19更新New

生徒を伸ばすピアノレッスン
子どもたちの心を開花させる魔法
☆バスティン巻頭インタビュー
☆ピアノで拡げる子どもの可能性

☆チェルニーー30番根津理恵子演奏CDのお求めはこちらまで。特典としてDVDゆっくりバージョンがついています。
☆根津栄子インタビュー記事チェルニー30番に込めた願い

☆指導者ライセンス初級、中級、上級を受ける先生方のレッスンは毎週、水曜、木曜午前中に実施しております。こちらまでお気軽にお問い合わせ下さい

☆『根津栄子ピアノ教室』紹介ページはこちらまで

外部招聘講師

 ☆松田光子先生知育ソルフェージュとは? 松田光子先生

 ☆ソルフェージュ指導上級〜音楽高校音楽大学受験:大場陽子先生

コロナ医療現場の皆様、日々過酷な状況で働いて下さってありがとうございます。

根津栄子『NEWこどものスケール・アルペジオ』セミナーeラーニングダイジェスト映像

コンサートサロン・レゾナンスの軌跡2021.1.4new!!


1.25

我が家のピアノ3台とも大変身!!

レゾナンスのスタインウェイを時間をたっぷりかけて調律&調整して頂き、見事に変身しました。
調律後に弾いてみると音の輝き、手に返ってくるタッチの感触が心地よく、時間を忘れて弾き続けてしまいました。
レゾナンスに続いて母屋の2台のピアノも時間のある限り丁寧に調律、調整していただき、こちらも素晴らしい状態です。生徒たちの反応はいかに!!
レッスンするのも楽しみです。この時期除湿器が大活躍です。60パーセントを常時キープするのは大変なことですが、気づくと水のタンクが空っぽです、

大切なピアノのために日々気をつけないといけませんね。。。 調律師のS木さん朝からありがとうございました。


1.23生徒連絡ページを更新しました

1.20生徒連絡ページを更新しました

1.18

ちば・市川バスティン研究会のページを更新しました。


1.15生徒連絡ページを更新しました

1.12生徒連絡ページを更新しました

1.11生徒連絡ページを更新しました

1.10

生徒活躍ページを更新しました


1.3

『新春お弾き初め』(第98回勉強会)をコンサートサロン・レゾナンスで行いました。
帰省している生徒さんも多く10名(1名欠席)の参加でした。

今日はお父様の姿も多く、マスク姿の理恵子が来ていたこと(笑)などから普段以上に緊張感のある会場の雰囲気に生徒たちのその表情の固いこと!!気の毒で可哀想なくらいでした。

もう直ぐコンクールのステージがある生徒、普段の練習曲を披露した生徒、一回もレッスンを受けてない曲を披露した生徒など、その演奏は様々でしたが、それぞれに良い経験が出来たことでしょう。
この勉強会も近々100回目を迎えます。緊張感も大切ですが100回は何か夢のある企画をしたいと考えています。







12.31生徒連絡ページを更新しました

12.29

ちば・市川バスティン研究会のページを更新しました。


12.28その2

12月17日(金)島村楽器様で『生徒を変身させる24のキーワードセミナー』バスティンベーシックスシリーズを使って第2弾をさせていただきました。

会場でお聴きくださった先生と全国各地でオンラインでご参加の先生が大勢いらしたとのご連絡をいただきました。合わせて100名近くご参加いただけたようです。島村楽器様の行き届いた広報活動の素晴らしさに感動しております。

アンケートを拝見したら皆様にとても喜んでいただけたようで早速レッスンで実践してくださったとのこと!!嬉しいです。

島村楽器様にはまた来年度もレッスンなどで伺いますのでどうぞよろしくお願い致します。


12.28その1

今月12日に開催した第23回発表会の写真、今手元にある一部ですがご紹介します。





12.27

生徒活躍ページを更新しました

ちば・市川バスティン研究会のページを更新しました。


12.25

感動の1日
バッハコンクール船橋地区予選がお陰様で滞りなく終了!!

審査員には平間百合子先生、山田剛史先生、永瀬礼佳先生をお迎え致しました。

今朝はあいにくの空模様でしたがコンクール開始時刻には青空が広がり幸先良いスタートとなりました。

審査員の先生方はご多忙にもかかわらず審査をご快諾いただき、116名の参加者にたくさんのコメントを書いてくださいました。

スタッフの皆様(市川フレンドステーション先生方)は開催直前まで打ち合わせと準備を重ね、当日は見事な連携プレーでそれぞれの係を笑顔でこなしてくださいました。

コンクールにご参加の皆様、審査員の先生方、関係者の皆様に心より御礼申し上げます。

実は私の生徒さんたちにもこのコンクールを受けて欲しくて、開催したのですが申し込み開始と同時に多くの方がエントリーされ翌朝には既に締め切りとなってしまいました涙。。。
来年は気をつけないと。。。(笑)




@バッハコンクールの会場:船橋勤労市民センターA審査員の先生方とご一緒に
B市川フレンドステーションの先生方が最強スタッフとして大活躍して下さいました
C受付の先生方D司会、会場の先生方E集計の先生方F誘導の先生方Gレターパック郵送の先生方H116名分のレターパックを郵便局へ

発表会を12日に終え、続いて25日はバッハコンクール船橋地区予選を主催しました。
今日はそのバッハコンクールの講評用紙、賞状、メダルなど116名分をレターパックでの郵送作業をS屋先生と H瀬先生と行いました。できたレターパックを昭義先生と郵便局本局へ持って行き完了!!

I今年夏の終わり頃に撮ったすこちゃんの写真。
レッスンが終わると2階から降りてきてレッスン室のテーブルの上でこのポーズをして『オカアサマオナカナデテ』
この時間が私にとっての最高に幸せなひとときでした。柔らかくてふわふわすこちゃん〜天国で見ていてね。

明日は発表会の幹事さんと各チーフさんとの反省会です。次回2年後の発表会まで元気で居ないといけないですね。。。
また心機一転頑張ります!


12.19 生徒連絡ページを更新しました

12.17

本日は10時から島村楽器ピアノショールーム市川コルトンプラザにて『生徒を変身させる24のキーワード』のセミナーでした。

昨晩スタッフの方々と本日のセミナーのために立ち位置、カメラアングル、マイク、声とピアノの音量など入念に調整をしていただきました。

今朝は小雨が降っていて気温も低くたくさん着込んで出かけましたが、会場は対面で受講の先生方の熱気で少しも寒く感じませんでした。

全国から信じられないほど多くの先生方がオンラインでお申し込みくださり感謝の気持ちで一杯です。

テクニック、表現、ステージマナーの3項目24キーワードを質疑応答も含め2時間たっぷりお話しさせていただきました。

昨晩の細部にわたる打ち合わせのおかげでスムーズにセミナーを進めることができホッとしています。

セミナーにご参加くださった皆様、島村楽器の皆様ありがとうございました。

上の二枚は前日打ち合わせ
24キーワードセミナーの様子 最後の写真はスタッフとS屋先生

2021年12月17日(金)生徒を変身させる24のキーワードセミナーでご紹介したキーワードカードは2月に発売予定です。先行予約を受け付け中です。ご希望の方はバス研ページまでお知らせください。


12.15

ちば・市川バスティン研究会のページを更新しました。


12.15

12日に2年に一度の発表会を開催しました。教室を開講し40年。今年で23回目の発表会です。
今回は幼児から高校生、音楽ライターさんまでが日頃の成果を発表し、2年間でそれぞれに成長した姿を披露してくれました。
ピアノソロ、ヴァイオリンソロの他に毎回恒例のチェルニー〜30小学生メドレーのほか今年は月一でご指導いただいている作曲レッスン成果発表コナーも設けました。
盛りだくさんの内容でご家族はもちろん、ご招待のお客様にも喜んでいただけたようでとても嬉しいです。
教室卒業生である4名の音大音高生はそれぞれに真摯な演奏を披露してくれました。

今年は7歳の孫のデビューもあり自分の子供以来、身内のドキドキ感を久々に味わってしまいました。
なんとか無事演奏できてホッとしました。

そして、、今回は3週間前に愛猫すこちゃんを失い心が折れそうでしたが大勢の方からお悔やみや励ましのお手紙、メッセージを頂戴し(まだお返事もできておらず申し訳ございません)何とか気持ちを切り替えてレッスンを頑張ることができました。皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

2年後に向けてまた頑張ります。

写真は後ほどアップします

 


12.15生徒連絡ページを更新しました

12.12 生徒連絡ページを更新しました

12.9生徒連絡ページを更新しました

ちば・市川バスティン研究会のページを更新しました。


12.7

生徒活躍ページを更新しました


11.30 生徒連絡ページを更新しました

11.26

船橋伊藤楽器様で『生徒を変身させる24のキーワード』セミナーをさせていただきました。


11.23生徒連絡ページを更新しました

11.22生徒連絡ページを更新しました

11.15

生徒活躍ページを更新しました


11.15生徒連絡ページを更新しました

11.14生徒連絡ページを更新しました

11.7その2

生徒活躍ページを更新しました


11.7その1

秋の薔薇もそろそろ蕾が開き始め、ほのかな香りが漂っています。
本日自宅サロンで第96回勉強会を開催しました。

内容は。。。スケール・カデンツ・アルペジオと現在練習中の曲。
      サイコロを振って出た調のスケール・カデンツ・アルペジオ、アルベルティバス、バランス練習を弾く


☆新しい生徒さんも増えてきたのでこれまでの勉強会でのDVDを鑑賞し、卒業生がどんな勉強をしてきたかを観てもらいました。
その後私が勇気練習!!と名付けているバランス練習を、小さな生徒さんたちが普段とはまるで別人のような見違える弾き方を披露したのには驚きました。
百聞は一見に如かずとはまさにこのこと!!

一回の勉強会はレッスン5回分くらいの効果があることを実感した日となりました。





今回は小学低学年のピアノとヴァイオリンの生徒さん5名!


11.1

生徒連絡ページを更新しました


10.31

生徒活躍ページを更新しました


10.28
スケジュール(審査)更新しました

10.27

本日は地元の小学校創立70周年記念行事として、この学校の卒業生である根津理恵子のピアノコンサートが開催されました。

コロナ対策で学年ごとに6回に分けてのコンサートでした。
あいにく雨模様でしたが体育館の中は熱気でムンムン。
司会の先生、担任の先生方の号令一つで入れ替え時間ロスもほとんどなく順調に進みました。

娘はこの学校に通っていた頃の自分のエピソードなども交えて楽しく曲目解説をし、子供達は一緒に手や体を動かしたりしながらも静かに耳を傾け、一曲終わるごとに大きな拍手をしていました。
そんな可愛い子供達の姿に思わずうるうるしてしまいました。ありがとうございます!!

1年生から3年生にはリクエストが多かった『子犬のワルツ、革命、英雄ポロネーズ』
4年生から6年生には『幻想即興曲、スクリャービン左手のためのノクターン、英雄ポロネーズ』

純粋な子供達の心にいつまでも残る思い出となりますように!




10.18
毎月1回のペースで幼児知育教育プロフェッショナル松田光子先生に教室にいらして頂き幼児のご指導をいただいています。
松田知育ソルフェージュのレッスンを経て栄子ピアノ教室へ入ることが可能です。

松田知育ピアノメソッド紹介文

ピアノのレッスンに知育をプラス

私の「知育」とは、知りたいを育てることです。
知りたいと思えば、自ら行動して考えてくれます。
それを伝えることを重視します。

「考動伝和」
ピアノ演奏も自分で弾きたいと思い、どのように弾きたいかを考え、
みんなが幸せになるように、表現してほしいと願います。

ピアノの手を作るために巧緻性を高める取り組みをします。
人の話を一回で聴きとれる子になります。
楽譜が楽しく読めるように、かず・分数・空間認識を意識した知育玩具で遊びます。
表現するために、自己紹介・質疑応答を繰り返し、自分の考えを上手に伝えます。
人を感動させるために、豊かな想像力によって相手の気持ちがわかる子になります。

ピアノのレッスンに留まらず、生きる力を育みます。   松田光子

レッスンお申し込みやお問合せはこちらまで

10.18 生徒連絡ページを更新しました

10.15

これからしばらく生徒さんたちが動画撮影を予定しているのでレゾナンスのピアノを調律、調整していただきました。
仕事中の写真をこっそり一枚撮らせていただこうと思い、そーっと中に入ったら、すでにお仕事終わり外面を綺麗に磨いていらっしゃるところでした。
いつも素晴らしい音色に蘇らせてくださるSさんには感謝の気持ちでいっぱいです。


10.14
10月17日(ショパンの命日)にピティナでは『ショパンの日』特集番組を企画しています。

10.10

生徒活躍ページを更新しました


10.4

久々にステップアドバイスで横浜へ行ってきました。

2週間ほど前から腰が痛かったのですが寝返りのたびに激痛が走り睡眠不足と痛みで辛く、ステップ直前にぎっくり腰になってしまいました.


出かける直前のレッスンも時間短縮してもらうなど生徒たちにも迷惑をかけた上最悪の場合、ステップに穴を開けてしまうかもしれないという不安をかかえながら迎えた当日。。。。

朝起きるとあれほど痛かった腰にほとんど痛みが無くなっており、
100名の熱心な参加者の演奏に心を込めてコメントを書く事が出来ました。
健康が一番!を実感致しました。
ご一緒させていただいた先生方にも心より御礼申し上げます。

お呼びいただいたピティナ赤レンガ ステーションの柳岡奈緒美先生 コロナ禍、完璧な感染対策でお世話になったスタッフの皆様、カワイ横浜様ありがとうございました。


10.1 生徒連絡ページを更新しました

10.1

9月12日(日)深谷ゆりステーションのステップと翌日13日のセミナーレポートがアップされました。
13日のセミナーはムジカノーヴァで連載中の『生徒を変身させる24のキーワード』を使ってチェルニー30番指導法です。

チェルニー30番〜40番ではその後ショパンエチュードに繋いでいく重要なテクニックが満載です。

このセミナーの内容は先生方も回り道せず指導出来、生徒さんが確実に上達することを実感、実践していただきたいと強く願っています。


9.27 生徒連絡ページを更新しました。

9.27

昨日はピティナ指導者ライセンスの審査でピティナ本部(巣鴨)へ行ってきました。
今回は午前中から夕方まで初級、中級、上級の16名の先生方の指導実技審査でした。
杉本宏江先生、松田映子先生と御一緒させて頂きました。

この日9月26日は母の祥月命日。亡くなってもう15年も経ったなんて信じられません。


9.20

生徒さんへ我が家の DVDをお貸ししています。

『楽聖ショパン』はフレデリックショパンの10歳から病気で亡くなるまでの生涯を描いた物語で、特に生徒さんの心に染み込む様です。
暑い夏も終わり芸術の秋、練習以外に読書やDVD鑑賞などでも大いに刺激を受けて欲しいです。

そして娘が2歳の時から続いている勉強会もやがて100回目を迎えます。
勉強会の主な目的はスケールアルペジオの他、バッハなどポリフォニー音楽を強化するためです。

第100回には何か記念になることを!!と考えています。


9.16 生徒連絡ページを更新しました。

2001年9月分10月分11月分12月分
2002年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2003年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2004年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2005年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分
2006年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2007年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2008年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2009年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2010年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2011年1〜6月分7〜12月分
2012年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2013年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2014年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2015年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2016年1〜3月分
4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2017年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2018年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2019年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2020年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2021年1〜3月分4〜6月分7〜9月分はこちらです。


メールはこちら